December 17, 2018 / 1:57 AM / 6 months ago

サッカー=長谷部がフランクフルトと1年契約延長

 12月16日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトは、クラブの公式サイトで元日本代表MF長谷部誠と1年の契約延長で合意したと発表した。フランクフルトで2017年8月撮影(2018年 ロイター/Ralph Orlowski)

[16日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトは16日、クラブの公式サイトで元日本代表MF長谷部誠(34)と1年の契約延長で合意したと発表した。

フレディ・ボビッチ代表取締役は「34歳という年齢にもかかわらず、マコトは今季ここまで、彼が今もチームの主力になれることを証明してきた。われわれの守備の要としてプレーしている」と述べた。

長谷部は「フランクフルトとクラブが私のホームだと感じている。もう1年、この素晴らしいチームの一員になれることが嬉しい。われわれには大きな計画があり、その一員でありたいと心から思っている」とコメントした。

長谷部は2002年から07年までJ1浦和でプレーし、08年にウォルフスブルクに移籍。ウォルフスブルクでは09年にブンデスリーガで優勝を経験し、13年まで在籍した。その後、ニュルンベルクを経て、フランクフルトには14年に加入。17年3月に日本人としては最多のブンデスリーガ出場回数(現在は271試合)を記録した。

2018年ドイツ・カップを制し、ことし11月にアジア・サッカー連盟(AFC)の最優秀国際選手に選ばれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below