September 29, 2019 / 3:07 AM / 24 days ago

サッカー=バイエルンが首位浮上、大迫欠場のブレーメンはドロー

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘンはパーダーボルンに3─2で競り勝った。写真手前は自身の得点を喜ぶバイエルンのロベルト・レバンドフスキ(2019年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 28日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは28日、各地で試合を行い、バイエルン・ミュンヘンはパーダーボルンに3─2で競り勝った。

バイエルンはセルジュ・ニャブリ、コウチーニョとロベルト・レバンドフスキが得点した。

このほか、ライプチヒはシャルケに1─3で敗れ、今季初黒星を喫した。大迫勇也が所属するブレーメンはドルトムントと2─2で引き分けた。大迫はけがで欠場した。

6試合を終えて、バイエルンが勝ち点14の首位に浮上。ライプチヒとシャルケはともに同13。ブレーメンは同7の暫定10位。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below