for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=独連盟、性的少数者の男女チーム選択を自由に ジュニアなどで

ドイツ・サッカー連盟は23日、トランスジェンダーや性自認が男女のどちらでもないノンバイナリーのサッカー選手などに関し、個人識別データ上の性別に関係なく男女のチーム選択ができるようになったと発表した。フランクフルトで2018年6月撮影(2022年 ロイター)

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ・サッカー連盟(DFB)は23日、心と体の性が異なるトランスジェンダーや性自認が男女のどちらでもないノンバイナリーのサッカー選手などに関し、個人識別データ上の性別に関係なく男女のチーム選択ができるようにすると発表した。

この規則はアマチュア、ジュニア、フットサルに適用される。DFBによると、これまではジュニア以上のサッカー選手の出場資格や男女どちらのチームでプレーするかは、個人データ上の性別で決められていたが、ドイツでは2018年から国内での身分証明書の性別欄に「男性」と「女性」のほか、「多様」や「言及なし」も選択肢に入っている。

DFBは「この規則の本質は、個人の(性別)ステータスを『多様』や『言及なし』としている選手、そして、性別を変更した選手が男子チームと女子チームのどちらで出場資格を得るかを自分で決定できるというもの」とし、「トランスジェンダーのサッカー選手についても同様で、自身の決断により(チームを)変えることも、これまで所属していたチームにとどまることもできる」と説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up