for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=バイエルンが首位浮上、ブレーメン大迫は出場せず

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘンは敵地でマインツを3─1で下した。写真はバイエルンのロベルト・レバンドフスキ(2020年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 1日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは1日、各地で試合を行い、バイエルン・ミュンヘンは敵地でマインツを3─1で下した。

バイエルンは前半8分にロベルト・レバンドフスキがリーグトップの22点目をマーク。トーマス・ミュラー、チアゴ・アルカンタラも得点を決めて、連勝を6に伸ばした。

ライプチヒはボルシアMGと2─2の引き分けに終わった。20試合を終えて、バイエルンが勝ち点42の首位に浮上。ライプチヒは同41の2位に後退した。

大迫勇也が所属するブレーメンはアウクスブルクに1─2で敗戦。大迫はベンチ入りしたが、出場しなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up