April 15, 2019 / 12:44 AM / 6 days ago

サッカー=長谷部フル出場も黒星、宇佐美は後半途中からプレー

 4月14日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトはホームでアウクスブルクに1─3で敗れた。写真は退場を言い渡されたフランクフルトのジェルソン・フェルナンデス(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 14日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは14日、各地で試合を行い、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトはホームでアウクスブルクに1─3で敗れた。

フランクフルトは前半14分に先制点を奪うも、その後に2失点を喫して1点ビハインドで折り返し。後半2分にジェルソン・フェルナンデスの2回目の警告による退場で数的不利となったフランクフルトは、同39分に追加点を許した。長谷部はフル出場だった。

宇佐美貴史所属のデュッセルドルフはホームでバイエルン・ミュンヘンに1─4の大敗。前半にキングスリー・コマンに2点を許し、後半にはセルジュ・ニャブリ、レオン・ゴレツカに決められた。宇佐美は後半35分からピッチに上がった。

そのほか、ホッフェンハイムはホームでヘルタを2─0で下した。

この結果、バイエルンは勝ち点を67に伸ばして首位を維持。同1差でドルトムントが2位につけている。フランクフルトは同52で変わらず、順位も4位のまま。ホッフェンハイムは同47で欧州リーグ(EL)出場圏内の6位に浮上した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below