for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ブレーメン黒星、大迫は決定機生かせず

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは7日、各地で3試合を行い、大迫勇也(左)の所属するブレーメンはホームでウォルフスブルクに0─1で敗れた。先発出場の大迫は後半40分までプレー。代表撮影(2020年 ロイター)

[ブレーメン/ベルリン(ドイツ) 7日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは7日、各地で3試合を行い、大迫勇也の所属するブレーメンはホームでウォルフスブルクに0─1で敗れた。先発出場の大迫は後半40分までプレーした。

大迫は前半30分過ぎに決定機を迎えたが、相手GKのファインセーブに阻まれ得点できず。ブレーメンは試合終盤に失点し、リーグでのホーム戦13試合連続勝ち星なしとなった。

ブレーメンは勝ち点25のまま17位、残り4試合で残留圏とは勝ち点6差と苦しんでいる。

シャルケは敵地でウニオン・ベルリンと1─1のドロー。これでクラブ史上最長タイのリーグ戦12試合連続未勝利となった。

もう1試合では、アウクスブルクとケルンが1─1で引き分けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up