for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=大迫所属のブレーメン、降格危機も監督は残留に自信

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、大迫勇也(手前)が所属するブレーメンはホームで13戦続けて未勝利。降格の危機に直面している。ブレーメンで7日に代表撮影(2020年 ロイター)

[ブレーメン(ドイツ) 8日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、大迫勇也が所属するブレーメンはホームで13戦続けて未勝利。降格の危機に直面している。

ブレーメンは1963年のリーグ創設以来、降格したのはわずか1回。これまでに同リーグ最多の1896試合を行っている。

ブレーメンは30試合を終えて、勝ち点25の17位。昇格・降格プレーオフに回る16位デュッセルドルフとの勝ち点差は3、残留ラインの15位マインツとの勝ち点差は6となっている。

フロリアン・コーフェルト監督は「降格を免れるという現実的な目標を達成するために、残り4試合ある」とコメント。「勝ち点差は7や8ではなく、わずか3。4試合あれば追いつける」と自信をのぞかせている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up