for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=マンUのモウリーニョ監督、選手らに休暇短縮を呼び掛け

 7月30日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンUのジョゼ・モウリーニョ監督(左)は、W杯ロシア大会に出場した選手たちには、チームを助けるため、休暇を早めに切り上げることを検討してほしいと述べた。米ミシガン州アンアーバーで28日撮影(2018年 ロイター/Rebecca Cook)

[30日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した選手らに、チームを助けるため、休暇を早めに切り上げることを検討してほしいと述べた。

モウリーニョ監督は29日、報道陣に対し「休暇中の選手らには少し休んだ後、マーカス・ラッシュフォードやフィル・ジョーンズが判断したように、チームを助けるために早めに戻ってきてほしい。このままだとシーズン序盤からトラブルに直面することになる」と話した。

マンUのポール・ポグバ、ロメル・ルカク、ジェシー・リンガードら複数の先発メンバーは、W杯での疲れを取るため休養中。8月10日に行われるレスターとのリーグ開幕戦を欠場する可能性がある。

イングランド代表のラッシュフォードとジョーンズは、プレシーズンで調子の上がらないチームのシーズン開幕に向けた準備を助けるため、休暇から早めに戻る見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up