August 3, 2018 / 1:41 AM / 2 months ago

サッカー=ドーピング違反のナスリ、処分が1年6カ月に延長

[2日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は、ドーピング違反による元マンチェスター・シティー(マンC)所属のMFサミル・ナスリ(31)の処分を1年6カ月に延長した。

 8月2日、欧州サッカー連盟(UEFA)は、ドーピング違反による元マンチェスター・シティー(マンC)所属のMFサミル・ナスリ(左)の処分を1年6カ月に延長した。ロサンゼルスで2017年7月撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

フランス代表でもプレーした経験のあるナスリは、マンCからセビリア(スペイン)に期限付き移籍中だった2016年に、ロサンゼルスのクリニックで、世界反ドーピング機関(WADA)により禁止されている静脈注入で栄養剤を摂取したとして、ことし2月に6カ月出場停止処分を受けていた。

UEFAは公式サイトで「サミル・ナスリ選手の処分は18カ月となった。処分は2017年7月1日までさかのぼり適用される。クラブでのトレーニング復帰は2018年11月1日から認められる」との声明を出した。

同選手は2017年8月にマンCからトルコのアンタルヤスポルに移籍したが、18年1月に契約解消で合意している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below