October 24, 2019 / 1:03 AM / 21 days ago

サッカー=欧州CL、王者リバプールは伊東所属のゲンクに勝利

 サッカーの欧州CLは23日、各地で1次リーグの試合を行い、E組で昨季王者のリバプールは敵地で伊東純也の所属するゲンクに4─1で大勝。写真右は久々のCL出場でゴールを決めたリバプールのアレックス・オクスレード・チェンバレン(2019年 ロイター)

[ゲンク(ベルギー) 23日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は23日、各地で1次リーグの試合を行い、E組で昨季王者のリバプール(イングランド)は敵地で伊東純也の所属するゲンク(ベルギー)に4─1で大勝した。

リバプールは前半2分、CLでは18カ月前の準決勝ローマ戦で膝に重傷を負って以来の出場となったアレックス・オクスレード・チェンバレンが先制点をマーク。チェンバレンは後半12分にも得点を決め、サディオ・マネ、モハメド・サラーがその後に続いた。

ゲンクは終盤に1点を返すにとどまった。先発出場だった伊東は後半42分までプレーした。

昨季はほぼ全休だったチェンバレンは「間違いなく(CLが)恋しかった。スタメンに戻り、チームを助けるパフォーマンスを出せてうれしい」と喜びをあらわにしていた。

E組のもう1試合では、南野拓実と奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)がホームでナポリ(イタリア)に2─3で敗れた。南野はフル出場し、奥川はベンチ入りしたが出番はなかった。

この結果、ナポリが勝ち点7で首位を維持し、リバプールが同6で2位、ザルツブルクが同3で3位、ゲンクが同1の最下位となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below