November 5, 2019 / 11:55 PM / 9 days ago

サッカー=リバプールがゲンクに勝利、伊東は後半途中までプレー

 サッカーの欧州CLは5日、各地で1次リーグの試合を行い、E組で昨季王者のリバプールはホームで伊東純也(写真手前)の所属するゲンクに2─1で競り勝った(2019年 ロイター/Andrew Yates)

[リバプール(英国) 5日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は5日、各地で1次リーグの試合を行い、E組で昨季王者のリバプール(イングランド)はホームで伊東純也の所属するゲンク(ベルギー)に2─1で競り勝った。先発出場の伊東は後半23分までプレー。

週末の国内リーグでマンチェスター・シティー(マンC)との一戦を控えるリバプールは主力のロベルト・フィルミノ、サディオ・マネがベンチスタート。それでも前半14分、ジェームズ・ミルナーのクロスのこぼれ球をジョルジニオ・ワイナルドゥムが押し込み先制した。

ゲンクも同41分にムブワナ・サマッタが同点ゴールを決めたが、リバプールは後半8分にアレックス・オクスレード・チェンバレンが決勝点をマークした。

同組のもう1試合では、南野拓実と奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)が敵地でナポリ(イタリア)と1─1で引き分けた。南野は先発出場し、後半16分までプレー。奥川はベンチ外だった。

試合は前半11分にアーリング・ブラウト・ハーランドのPKでザルツブルクが先制したが、ハーフタイム目前にイルビング・ロサノに同点弾を許した。

この結果、リバプールが3勝1敗の勝ち点9で首位、ナポリが同8で2位、ザルツブルクが同4で3位。未勝利のゲンクは同1で最下位となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below