February 5, 2020 / 1:23 AM / 15 days ago

サッカー=メッシ、バルセロナSDアビダル氏を批判

 サッカーのスペイン1部、バルセロナのエースであるリオネル・メッシ(写真)は4日、エルネスト・バルベルデ前監督の下で多くの選手が一生懸命に仕事をしていなかったと発言した同クラブのエリック・アビダルSDを批判した。バルセロナで2日撮影(2020年 ロイター/Albert Gea)

[バルセロナ 4日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナのエースであるリオネル・メッシは4日、エルネスト・バルベルデ前監督の下で多くの選手が一生懸命に仕事をしていなかったと発言した同クラブのエリック・アビダル・スポーツディレクター(SD)を批判した。

アビダルSDとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は先月にバルベルデ前監督を解任。キケ・セティエン氏を新監督に迎えた。メッシの元チームメートでもあるアビダルSDはスペイン紙「ディアリオスポルト」のインタビューでバルベルデ前監督解任の理由を「多くの選手が不満を持っていたか、一生懸命に仕事をしておらず、内部でコミュニケーションの問題があった」と説明していた。

これを受けて、メッシは自身のインスタグラムで「このようなことをするのは本当に好きではないが、人々は自分の仕事と決断の責任を負うべきだと思う」とし、「選手たちはピッチで起きていることに責任を持ち、うまくいかなかった時にそれを認めるのも最初だ。スポーツ部門の幹部もすべての決断に責任を負わなければならない」とコメント。

さらに「選手のことを話すときは、具体的に名前を挙げるべき。そうでなければ、全員のイメージが悪くなるし、真実でないことを言われるきっかけとなる」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below