for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ベイル、今季終了後はレアル復帰の意向

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムに期限付き移籍中のウェールズ代表FWガレス・ベイル(左)は23日、契約最終年となる来季は所属先のレアル・マドリードに復帰する意向を示した(2021年 ロイター/John Sibley)

[カーディフ 23日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムに期限付き移籍中のウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)は23日、契約最終年となる来季は所属先のレアル・マドリード(スペイン)に復帰する意向を示した。

ベイルは記者会見で「スパーズ(トットナム)に来た主な理由は、なによりもまずサッカーをしたかったからだが、ユーロ(欧州選手権)に向けて試合に出てコンディションも上げたかった」と説明。ベイルはウェールズ代表として6月に欧州選手権を控えている。

また、「元々スパーズでは1シーズンだけという計画だった。ユーロ後もレアルとはまだ契約が1年残っているので戻るつもりだ」と語り、来季はレアル復帰との見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up