for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=アトレチコがベティスとドロー、さらなる負傷者も

 サッカーのスペイン1部は11日、各地で試合を行い、アトレチコ・マドリードはベティスと1─1で引き分け、2位と勝ち点1差で首位は維持となった。写真は負傷でピッチに倒れているアトレチコのジョアン・フェリックス(2021年 ロイター/Marcelo Del Pozo)

[セビリア 11日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は11日、各地で試合を行い、アトレチコ・マドリードはベティスと1─1で引き分け、2位と勝ち点1差で首位は維持となった。

ルイス・スアレス、マルコス・ジョレンテと2人の得点源を欠いたアトレチコは、前半5分にヤニック・カラスコが幸先よく先制点を奪ったが、同20分に追いつかれた。後半にはジョアン・フェリックス、キーラン・トリッピアーが負傷するアクシデントに見舞われ、勝ち点3を得ることもできなかった。

アトレチコではスアレス、トマ・レマル、ムサ・デンベレも故障しており、負傷者の多さに悩まされることになった。

直近4試合でわずか1勝のアトレチコは勝ち点67で、2位レアル・マドリードとは1ポイント差、3位バルセロナとは2ポイント差と肉薄されている。

そのほか、オサスナがビリャレアルに2─1、グラナダがバリャドリードに2─1でそれぞれ勝利し、バレンシアとレアル・ソシエダは2─2で引き分けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up