November 19, 2018 / 1:59 AM / 22 days ago

サッカー=ドイツ代表監督が再建に意欲「刷新する段階に来た」

 11月18日、サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は、チームが不振に陥ったことはスポーツにおいて特別なことではないとし、再建に向けて意欲を示した。パリで10月撮影(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[ベルリン 18日 ロイター] - サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は、チームが不振に陥ったことはスポーツにおいて特別なことではないとし、再建に向けて意欲を示した。

ドイツは、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で優勝を果たしたが、ことしのW杯ロシア大会ではここ80年間で最も早い日程の1次リーグ敗退。欧州サッカー連盟(UEFA)ネーションズリーグでもグループ最下位で降格が決まり、2018年はここまで、1年間で最多となる6敗を喫している。

19日のUEFAネーションズリーグ最終戦でオランダと対戦するレーウ監督は、記者会見で「トップに立つまで10年を費やし、時にはすべてがうまくいかない年だってある。いいパフォーマンスで、ファンに復活に向けて正しい道をたどっていることを見せて、(2018年)にさようならと言いたい」とし、「われわれは今、刷新する段階に来た。正しい結論とやり方を導き出す必要がある」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below