April 1, 2019 / 1:26 AM / 3 months ago

サッカー=リバプールがトットナムに勝利、チェルシーも白星

 3月31日、サッカーのイングランド・プレミアリーグは各地で試合を行い、首位リバプールはホームでトットナムに2─1で競り勝った。写真はリバプールのユルゲン・クロップ監督(2019年 ロイター/Andrew Yates)

[リバプール(英国) 31日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは31日、各地で試合を行い、首位リバプールはホームでトットナムに2─1で競り勝った。

リバプールは前半16分、アンドリュー・ロバートソンのクロスにロベルト・フィルミーノが頭で合わせて先制点をマーク。トットナムも後半25分にクリスティアン・エリクセンのアシストでルーカス・モウラが同点弾を決めた。

しかし、リバプールは試合終了間際、CKのこぼれ球を拾った展開からクロスを入れ、モハメド・サラーがヘディング。そのシュートはGKに阻まれたものの、そのこぼれ球が相手選手に当たってゴールラインを割り、オウンゴールで白星を飾った。

試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督は「サッカーには50万通りの勝ち方がある。今日はちょっとひどい勝利だったが、問題ない」と語った。

リバプールは2位マンチェスター・シティー(マンC)より1試合多く消化しているものの、勝ち点2差で首位をキープしている。

チェルシーは敵地でカーディフに2─1で勝利。先制を許したが、終盤にセサル・アスピリクエタとルベン・ロフタスチークのゴールで逆転した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below