April 2, 2019 / 1:07 AM / 3 months ago

サッカー=チェルシー監督、「ブーイングに慣れてきた」

 4月1日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのマウリツィオ・サリ監督は、ファンからブーイングを受けることに慣れてきたと述べた。英カーディフで3月撮影(2019年 ロイター)

[1日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのマウリツィオ・サリ監督は、ファンからブーイングを受けることに慣れてきたと述べた。

チェルシーは3月31日、降格圏に低迷するカーディフに苦戦を強いられながらも2─1で勝利。6位をキープした。

サリ監督がエデン・アザールとエンゴロ・カンテを先発起用しなかったことが不満だったファンは、チェルシーが後半開始直後に失点すると、同監督に「サリには出ていってほしい」などと厳しいチャントを浴びせた。

サリ監督は試合後、報道陣に対し「私はピッチ上で45年間も過ごしてきたので、ファンのリアクションは理解できる」とコメント。「残念ながら、このような扱いには慣れてきた。彼らの考えを変えるためには努力を続けるしかない。試合に勝てばファンは喜んでくれる」と語った。

同監督はボーンマスに0─4、マンチェスター・シティーに0─6で敗れるなど、不本意な結果が続いたときもファンから非難された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below