April 3, 2019 / 1:39 AM / 17 days ago

サッカー=ドイツ連盟会長が辞任、高価品受け取りなどで

 4月2日、ドイツ・サッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長(写真)は、サッカー関係者のウクライナ実業家から高額な時計を受け取ったことを謝罪し、会長職を辞任(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 2日 ロイター] - ドイツ・サッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長は2日、サッカー関係者のウクライナ実業家から高額な時計を受け取ったことを謝罪し、会長職を辞任した。

ドイツ誌シュピーゲルが、グリンデル会長はDFBの子会社から不透明な7万8000ユーロ(約970万円)の収入を得ていたと報じたこともあり、批判が高まっていた。

同会長は報道陣に対し、「私のことを知っている者は、私が強欲でないことを分かっている。時計の値段は6000ユーロだったが、当時はそのブランドや価値を知らなかった」と弁明。受け取ったのは礼儀と考えたからと話した。

同会長は、メスト・エジルがトルコ移民であることから差別的な扱いを受けたとしてドイツ代表を引退した際の対応などでも厳しい目を向けられていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below