August 19, 2019 / 2:49 AM / a month ago

サッカー=元イングランド代表DFコールが現役引退

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーなどで活躍した元イングランド代表DFアシュリー・コールが18日、現役引退を表明した。英カーディフで2014年5月撮影(2019年 ロイター)

[18日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーなどで活躍した元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)が18日、現役引退を表明した。

コールは1999年にプレミアリーグのアーセナルでデビューを飾ると、チェルシーに移籍する2006年までの間に2回のリーグ優勝を果たした。チェルシーでも数々のトロフィーを獲得し、キャリア通算でイングランド協会(FA)カップを7回、プレミアリーグを3回、リーグカップ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)、欧州サッカー連盟(UEFA)カップを1回ずつ制した。

その後はイタリア・セリエAのローマ、米メジャーリーグサッカー(MLS)のギャラクシー、イングランド2部のダービーでプレー。イングランド代表では通算107キャップを記録した。

コールは英スカイスポーツに対し、「よく考えた結果、ブーツを脱ぎ、できれば指導者としての次のチャプターに進む時がきたと考えた」と述べ、「(キャリアを)振り返ると、小さい子供の夢でもある、ワールドカップやCL決勝でプレーしたし、プレミアリーグで優勝するほど幸運に恵まれたと言える。自分の夢はかなえた。今度は願わくは素晴らしいコーチとしての将来に目を向けている」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below