for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ビーレフェルト堂安が得点、大迫所属のブレーメン降格

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは22日、各地で最終節の試合を行い、堂安律と奥川雅也が所属するビーレフェルトは敵地でシュツットガルトを2─0で下した。写真中央は自身の得点を喜ぶ堂安(2021年 ロイター)

[ドルトムント(ドイツ) 22日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは22日、各地で最終節の試合を行い、堂安律と奥川雅也が所属するビーレフェルトは敵地でシュツットガルトを2─0で下した。

堂安と奥川はともに先発し、試合終盤までプレー。堂安はチームの追加点となる今季5点目を決めた。ビーレフェルトは18チーム中15位で残留を決めた。シュツットガルトの遠藤航は累積警告で欠場。シュツットガルトは今季9位だった。

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトはフライブルクに3―1で勝利した。長谷部はフル出場。鎌田も先発し、後半途中までプレーした。チームは5位で終えた。

大迫勇也が所属するブレーメンはボルシアMGに2─4で敗戦。17位に終わり、41年ぶりの2部降格となった。大迫は後半10分から出場した。

ドルトムントはレーバークーゼンを3─1で下し、3位でシーズンを終了。バイエルン・ミュンヘンが優勝、ライプチヒが2位だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up