for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー暴動で死者125人、大統領がリーグ中断指示 インドネシア

(誤字を修正して再送しました)

[マラン(インドネシア) 2日 ロイター] - インドネシア東ジャワ州で1日夜行われたサッカーの試合終了後に暴動が発生し、地元保健当局によると125人が死亡、323人が負傷した。

警察によると、敗れた地元マランのチームのサポーターがピッチに乱入したことから、事態を収拾しようとした警官が催涙ガスを発射。この騒動が暴動に発展し、逃げようとした人が圧死するなどしたという。

当初は174人が死亡したと発表されたが、その後訂正された。

警察トップは「無政府状態になった。警官が攻撃を受け、車両が破壊された」とし、ファンが脱出しようと出口に殺到したと説明した。

国際サッカー連盟(FIFA)の安全規則では、スチュワード(警備員)や警察は銃器や「群衆を整理するためのガス」を携帯・使用してはならないと定められている。

東ジャワ州警察は、この規則を認識していたかどうかに関するコメント要請に応じなかった。

 インドネシア東ジャワ州で1日夜行われたサッカーの試合終了後に暴動が発生し、少なくとも174人が死亡、180人が負傷したと、当局が発表した。写真は動画から(2022年 ロイター/REUTERS TV)

映像によると、ホームチームのマランFCがペルセバヤ・スラバヤに2─3で敗戦後、午後10時ごろにファンがピッチになだれ込み、催涙ガスとみられるものが使用されて乱闘になった。意識を失ったような人たちが運ばれていく様子も見られた。

病院関係者は地元テレビに対し、脳に損傷を受けた人もいるほか、死者には5歳の子どもも含まれていると語った。

ジョコ大統領は、当局が警備体制を徹底的に調べる必要があるとし、調査が完了するまでサッカー1部リーグの全試合を停止するよう命じた。

FIFAのジャンニ・インファンティノ会長はロイターへの声明で、サッカー界は「インドネシアで起きた悲劇的な事件に衝撃を受けている」と述べた。

インドネシアサッカー協会当局者は記者団に対し、FIFAから事件の報告を要請されたとし、調査チームをマランに派遣したことを明らかにした。

インドネシアの人権委員会も、催涙ガスの使用を含むグラウンドの警備について調査する予定という。

2日には多くの人がスタジアム前に集まり、犠牲者に花をささげた。

マフッド治安担当相はインスタグラムへの投稿で、スタジアムの観客数が定員を超えていたと指摘。収容人数3万8000人のスタジアムで、約4万2000枚のチケットが売られていたと述べた。

インドネシアではこれまでも試合でのトラブルがあり、クラブ間の激しい対立がサポーターの暴力につながることもあった。

今回の事故は、1964年にリマで行われたペルー対アルゼンチン戦で発生した暴動と圧死で328人が死亡した惨事以来、最悪の規模とみられる。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up