August 26, 2019 / 4:48 AM / in a month

サッカー=イラン人女性、国内スタジアムでのW杯予選観戦可能に

イランのスポーツ省がFIFAからの圧力などを受けて、同国の女性ファンが10月に同国で行われる男子サッカーのW杯予選を観戦することを許可した。写真はイラン人女性のスタジアム観戦を許可するよう求めるバナー。サンクトペテルブルクで2018年6月撮影(2019年 ロイター/Dylan Martinez)

[ドバイ 25日 ロイター] - イランのスポーツ省が国際サッカー連盟(FIFA)からの圧力などを受けて、同国の女性ファンが10月に同国で行われる男子サッカーのワールドカップ(W杯)予選を観戦することを許可した。国営イラン通信(IRNA)が25日に報じた。

イランでは1979年のイスラム革命以降、外国人女性については制限付きで許可されているが、イラン人女性については国内で行われる男子サッカーの試合を観戦することを禁止してきた。

ことし6月には、数名のイラン人女性がテヘランのアザディスタジアムで行われたシリアとの国際親善試合の観戦に訪れた際に治安部隊に拘束され、昨年は作りひげとかつらで同スタジアム観戦を試みた女性らがいた。この女性らの写真や映像はSNSに投稿されている。

FIFAは6月にイラン・サッカー連盟に対し、イラン女性による2020年W杯カタール大会予選観戦チケットの購入が可能になるよう進捗状況を提供するか、結果を出すよう求めていた。

IRNAによると、イランの副スポーツ大臣は「女性は、10月にテヘランのアザディスタジアムで行われるイラン代表チームのカタールW杯予選、カンボジア戦を観戦することができる。スタジアムでサッカーの試合を観戦することで、女性が法的に禁止されることはない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below