April 23, 2018 / 3:33 AM / 7 months ago

サッカー=ナポリがユーベに勝利、逆転優勝も照準に

 4月22日、サッカーのイタリア・セリエAは各地で試合を行い、ナポリが敵地でユベントスを1─0で下した。写真は決勝点を奪ったナポリのカリドゥ・クリバリ(26番)のゴールシーン(2018年 ロイター/Massimo Pinca)

[ミラノ 22日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは22日、各地で試合を行い、ナポリが敵地でユベントスを1─0で下した。

ナポリは0─0のまま迎えた試合終了間際、CKの場面で高く跳び上がったセネガル代表カリドゥ・クリバリが頭でたたき込み、決勝点を奪った。

クリバリは「これまで以上に優勝を信じている。今日のゴールは、私のキャリアで最も重要なひとつだった。ユベントスはとても強いチームだが、われわれはそれに挑戦しているところを見せられた。自分たちのサッカーを信じている」と述べた。

そのほか、ラツィオはホームでサンプドリアに4─0で完勝。インテルはキエボに2─1で勝ち、ウディネーゼはクロトーネに1─2で敗れた。カリャリとボローニャは0─0のドロー。アタランタはトリノを2─1で下した。

この結果、2位ナポリは4試合を残して、首位ユベントスとの勝ち点差を1に縮め、逆転優勝の可能性を大きく高めた。ラツィオとローマは同67で3位を争う。インテルが同66で5位につけており、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場圏のトップ4入りを狙っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below