November 25, 2019 / 1:02 AM / 15 days ago

サッカー=ラツィオ、土壇場のゴールで5連勝

サッカーのイタリア・セリエAは24日、各地で試合を行い、ラツィオ(写真)は後半アディショナルタイムの決勝点でサッスオロを2─1で下し、リーグ5連勝を飾った(2019年 ロイター/Alberto Lingria)

[ローマ/レッジョエミリア(イタリア) 24日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは24日、各地で試合を行い、ラツィオは後半アディショナルタイムの決勝点でサッスオロを2─1で下し、リーグ5連勝を飾った。

前半に今季リーグ最多得点のチーロ・インモービレの先制点でリードしたラツィオは、ハーフタイム目前に同点にされたが、後半終了間際にフェリペ・カイセドがネットを揺らした。

ローマはDFクリス・スモーリングの1得点2アシストの活躍でブレシャに3─0で完勝した。

ローマは後半4分にCKからスモーリングのヘッドで先制。スモーリングは同12分にはクロスをヘッドで折り返してジャンルカ・マンチーニのゴールをお膳立てすると、その9分後にもCKを頭でつないでエディン・ジェコの得点をアシストした。

この結果、勝ち点を27に伸ばしたラツィオは3位を維持。ローマは同25で4位につけている。

ケガで戦列を離れていたボローニャの冨安健洋はパルマ戦で先発出場し、後半39分までプレー。試合は2─2の引き分けに終わった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below