July 23, 2018 / 3:32 AM / 5 months ago

サッカー=ナポリ会長、サッリ前監督の「選手引き抜き」批判

 7月22日、サッカーのイタリア・セリエA、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長(左)が、同クラブ前監督でチェルシー(イングランド)の新監督に就任したマウリツィオ・サッリ氏を批判している。イタリア北部ディマロで11日撮影(2018年 ロイター/Ciro De Luca)

[22日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、同クラブ退任後にチェルシー(イングランド)の監督に就任したマウリツィオ・サッリ氏に対し、選手引き抜きでナポリを解体しようとしたと批判した。

会長は「彼は、われわれのチーム全部をイングランドに持っていき、(ナポリを)解体しようとした。だから、マリーナ(・グラノフスカイア氏。チェルシー取締役)に制約を付けなければならなかった」と話した。

チェルシーはサッリ氏の就任直後、ナポリからMFジョルジーニョを獲得した。同会長はこの移籍について、スカイスポーツ・イタリアで「サッリ氏がジョルジーニョを要求してきたので、アンチェロッティ氏(ナポリ新監督)と話した。アンチェロッティ氏は、当クラブのMFでディアワラを非常に信頼していることや、ハムシクをもっと低い位置で使いたいとの意向を示したので、ジョルジーニョは放出することにした」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below