May 25, 2018 / 1:43 AM / 7 months ago

サッカー=ハリルホジッチ前日本代表監督、協会を提訴

 5月24日、サッカーの日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(写真)が日本サッカー協会(JFA)、および同会長の田嶋幸三氏に対し、不当解雇だとして東京地裁に提訴した。東京で4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - サッカーの日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が24日、日本サッカー協会(JFA)、および同会長の田嶋幸三氏に対し、解任は不当解雇だとして東京地裁に提訴した。

ハリルホジッチ氏は、田嶋会長が理事会の承認なしに解任したと主張。謝罪と慰謝料1円を求めている。

ハリルホジッチ氏の弁護士は「これは名誉に関する問題で、金銭の問題ではない。名誉をお金で買うことはできないため、慰謝料を1円とした。バヒドは名誉回復を求めており、謝罪が第一で、過ちを認めるべきだと話している」と説明した。

一方、JFAの広報担当は、訴訟については書面で確認していないのでコメントできないとしたが、名誉毀損の事実はなく、契約解除の手続きに問題はなかったと説明した。

JFAは4月、選手とのコミュニケーションに問題があったとしてハリルホジッチ氏を解任。技術委員長だった西野朗氏が後任に就いている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below