Reuters logo
サッカー=6連覇を目指すユベントス、監督とボヌッチに確執
2017年2月24日 / 01:24 / 9ヶ月後

サッカー=6連覇を目指すユベントス、監督とボヌッチに確執

[23日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAで現在、2位のローマに勝ち点7差をつけて首位に立ち、6連覇を目指すユベントスだが、マッシミリアーノ・アレグリ監督とレオナルド・ボヌッチの確執が不安材料になっている。

 2月23日、サッカーのイタリア・セリエAで現在、2位のローマに勝ち点7差をつけて首位に立ち、6連覇を目指すユベントスだが、マッシミリアーノ・アレグリ監督とレオナルド・ボヌッチ(写真)の確執が不安材料になっている。16年10月撮影(2017年 ロイター/Giorgio Perottino)

ボヌッチは17日のパレルモ戦でユベントスでの通算300試合出場を達成したが、タッチライン際でアレグリ監督と激しく口論。その後、22日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)のポルト(ポルトガル)戦ではメンバーから外されていた。

ポルト戦の前、ユベントスのディレクターを務めるジュゼッペ・マロッタ氏は「ボヌッチはプロであり、ルールに従って行動しなければならない。処分が彼の能力を変えるわけではなく、この決定は全員の利益を考慮して出されたものだ。サッカーでは、私、の上に、われわれ、がある。ボヌッチには失望している」とコメントしていた。

また、アレグリ監督は25日のエンポリ戦でボヌッチが復帰するかどうかを問われると、5人のDFが起用可能であると答えており、ボヌッチへの処分が続くことを示唆している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below