November 28, 2018 / 1:05 AM / 19 days ago

サッカー=延期のリベルタ杯決勝、12月に海外で開催へ

 11月27日、ファンの暴動により延期されたサッカーの南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝第2戦が12月8日か9日にアルゼンチン国外で開催されることが明らかになった。写真は大会を運営する南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長(2018年 ロイター/Jorge Adorno)

[アスンシオン 27日 ロイター] - ファンの暴動により延期されたサッカーの南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝第2戦が12月8日か9日にアルゼンチン国外で開催されることが明らかになった。大会を運営する南米サッカー連盟(CONMEBOL)が27日に発表した。

アルゼンチンで熾烈(しれつ)なライバル関係にあるボカ・ジュニアーズとリバープレートで争われているリベルタドーレス杯決勝の第2戦は24日に行われる予定だったが、リバープレートの一部ファンがボカのチームバスを襲撃し、ボカの選手数人が負傷したことで延期された。

CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は同連盟本部のあるパラグアイで両クラブ首脳陣と会談を行った後、記者会見で「アルゼンチン国内でゲームを開催できる状況にないため、国外で行う」とコメントした。

パラグアイの警察署長は、地元のラジオで12月9日にアスンシオンで試合が行われる可能性があると明かしている。報道では、米国のマイアミやイタリア、ブラジル、コロンビアの都市も候補に挙がっている。

決勝第1戦は2─2の引き分けに終わった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below