July 24, 2019 / 4:13 AM / 25 days ago

サッカー=グアルディオラ監督、熱意欠くとの中国メディア批判に反論

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンCを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、中国メディアがアジアトロフィーをかけた先週の中国遠征ではクラブと選手らの熱意が欠けていたとの批判に「間違えている」と反論した。中国の南京市で17日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[香港 23日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)を率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、中国メディアがアジアトロフィーをかけた先週の中国遠征ではクラブと選手らの熱意が欠けていたとの批判に「間違えている」と反論した。

プレミアリーグ・アジアトロフィーは、プレミアリーグの4チームが優勝を争うトーナメント戦で、今月17日と20日に中国で試合が行われた。今大会では昨季プレミア覇者のマンC、ウェストハム、ニューカッスル、ウルバーハンプトンが対戦し、決勝ではウルバーハンプトンがマンCをPK戦の末に下し、優勝を飾った。

中国国営の新華社は公式ウェブサイトの英語版で、「彼らの中国遠征は商業的義務以外の何ものでもなかった」と述べ、選手らに熱意が欠けていたことを指摘。「マンチェスター・シティーは最近の成功を理由に、中国人に対し外国人と同様の敬意を払わなかった」とし、「傲慢な態度と、自らがプレミアリーグ・アジアトロフィーの目玉だという考えは見当違いで、他のクラブとはまったく正反対だった」と痛烈に批判した。

だがこれに対し、24日に香港で地元クラブとの試合を控えるグアルディオラ監督は同地で、「同意できない。間違えている」と反論。「このような声明を出すのであれば、彼らはわれわれのクラブ内で何か起きているのかを完璧に知る必要がある」とし、「選手たちは上海で素晴らしい時間を過ごした。彼らはすべてのコマーシャル活動に熱心に取り組み、ここ中国の人々に対しやるべきことを行った。ホテルのすべての人にサインをし、写真撮影をした。誰にでも何かを頼まれたら、やる準備はできている」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below