for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=パリSG移籍のメッシ、契約金の一部は暗号資産

サッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシが、フランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)に加入することになったが、メッシの契約金には暗号資産が含まれている。パリで11日撮影。(2021年 ロイター/Yves Herman)

[マイアミ 12日 ロイター] - サッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシが、フランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)に加入することになったが、メッシの契約金には暗号資産が含まれている。

メッシは、契約を巡る問題でバルセロナ(スペイン)を退団。PSGに2年契約で加入した。

PSGの声明によると、メッシの「ウェルカム・パッケージ」には、PSGのファン・トークンが含まれている。トークンがパッケージのどの程度を占めるのかも明らかにしなかったが「相当量」としている。報道によるとパッケージは2500万ー3000万ユーロ(2900万ー3500万ドル)とされている。

ファン・トークンは、クラブチームとファンが交流できるプラットフォームを運営するソシオス・ドットコムが発行する仮想通貨の一種。今年に入り、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティー(マンC)やイタリア・セリエAのACミランも発行している。

ファン・トークンはビットコインと同様、取引所で取引可能。また値動きが激しくなる傾向があり、一部金融当局が投資家に警告を発している。

PSGによると、メッシ加入観測が報じられると、PSGのファン・トークンの取引が急増。価格は5日間で130%超上昇し、加入が発表された10日には過去最高の60ドル超を付けた。コインマーケットキャップのウェブサイトによると、直近では10%安の40ドル前後で推移している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up