June 29, 2020 / 2:43 AM / 3 days ago

サッカー=ロッベン、現役復帰の説得材料は元NBAジョーダン氏

 サッカーのオランダ1部、フローニンゲンは、1年前に引退した元同国代表FWアリエン・ロッベン(写真)に現役復帰を説得する際、NBAのレジェンドであるマイケル・ジョーダン氏を引き合いに出していたことを明らかにした。ミュンヘンで2018年11月撮影(2020年 ロイター/Andreas Gebert)

[フローニンゲン(オランダ) 28日 ロイター] - サッカーのオランダ1部、フローニンゲンは、1年前に引退した元同国代表FWアリエン・ロッベン(36)に現役復帰を説得する際、米プロバスケットボール協会(NBA)のレジェンドであるマイケル・ジョーダン氏を引き合いに出していたことを明らかにした。

16歳の時にフローニンゲンでプロデビューを飾ったロッベンは、チェルシー(イングランド)、PSVアイントホーフェン(オランダ)、レアル・マドリード(スペイン)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)といった名門クラブで活躍し、昨年に現役引退を発表した。

一方、ブルズで3つのタイトルを獲得していたジョーダン氏は、米大リーグ(MLB)でのプレーを目指して一度はバスケットボール選手を引退したが、その後ブルズに復帰し、さらに3回のタイトル制覇を成し遂げた。

フローニンゲンはロッベンを説得する際、ジョーダン氏のドキュメンタリー・シリーズ「Last Dance」などを利用したという。

同クラブのテクニカルディレクターは28日の記者会見で「われわれは引退した数日後にミュンヘンへ行き、一緒に戦おうと話した。その時はうまくいかなかったが、われわれは連絡を取り続け、先月に再び彼と話し合った」とコメント。ロッベンは古巣と1年契約を結ぶことで合意した。

ロッベンは「失うものは何もないので、前向きな姿勢で挑戦し、全力を尽くす。目標は設定していない。1カ月で終わるかもしれないし、2年続くかもしれない」と語っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below