August 21, 2019 / 2:38 AM / a month ago

サッカー=マンU、ポグバへの人種差別に「最も厳しい対応を」

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンUは20日、同クラブのポール・ポグバ(左)に対してインターネット上で人種差別を行った人物を特定するため、調査を進めていることを発表した。英ウルバーハンプトンで19日撮影(2019年 ロイター)

[20日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は20日、同クラブのポール・ポグバに対してインターネット上で人種差別を行った人物を特定するため、調査を進めていることを発表した。

マンUは19日にプレミアリーグでウルバーハンプトンと対戦。1─1の同点で迎えた後半23分にポール・ポグバがPKのチャンスを得たが、相手GKにセーブされ、試合はそのまま引き分けに終わった。これにより、開幕戦で白星を飾っていたマンUは首位から転落し、PKを失敗したポグバはインターネット上で一部のサポーターから人種差別を受けた。

クラブは声明で「このような意見を表明する人物らは、われわれの素晴らしいクラブの価値を表していない。マンチェスター・ユナイテッドはいかなる形であっても人種差別や差別を認めない」と述べ、「今回の件に関係する人物の特定を進め、われわれにできる最も厳しい対応をする。ソーシャルメディア会社らにも働きかける」と続けた。

同クラブのDFハリー・マグワイアも、人種差別を「非常に不快」だとし、サポーターが選手らに対して匿名で嫌がらせをするのを阻止するため、パスポートや免許証などでアカウントの本人認証をするようソーシャルメディア会社に呼びかけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below