for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=クロップ監督、オールスター戦構想に否定的

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールのユルゲン・クロップ監督(写真)は13日、同リーグのチェルシーのオーナーに就任したトッド・ボーリー氏によるオールスター戦構想に否定的な見解を述べた。英リバプールで13日に撮影(2022年 ロイター)

[ロンドン 14日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールのユルゲン・クロップ監督は13日、同リーグのチェルシーの新オーナー、トッド・ボーリー氏によるオールスター戦構想に否定的な見解を述べた。

米国人のボーリー氏は野球の米大リーグ(MLB)や米プロバスケットボール協会(NBA)のチームのオーナーグループにも名を連ねる。ニューヨークで開催されたSALTリーダーズ・カンファレンスで講演し、「プレミアリーグが米国のスポーツから少しばかり教訓を得ることを願っている」と述べた。

それがオールスター戦構想で、イングランドを南北に分けて開催すれば下部リーグまで潤うような収入が得られるとボーリー氏は述べた。

しかし、クロップ監督は「日程が決まったら教えてほしい。米国のスポーツでは、選手たちに4カ月の休みがある」とした上で「マンチェスター・ユナイテッドの選手、リバプールの選手、エバートンの選手が一堂に会するような光景を、人々が見たいとは思わない。北東部だとニューカッスルもそうだ」と、プレミアリーグの過密日程に加えて文化的な違いを指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up