for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ラキティッチ、クロアチア代表引退を表明

 サッカーの2018年ワールドカップでクロアチアの準優勝に貢献したMFイバン・ラキティッチは、代表引退を表明した。セビリアで3日撮影(2020年 ロイター/Marcelo Del Pozo)

[バルセロナ 21日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)でクロアチアの準優勝に貢献したMFイバン・ラキティッチ(32)は21日、代表引退を表明した。

ラキティッチは代表チームを通じて、「クロアチア代表チームに別れを告げるのは、キャリア史上最も難しい決断」とのメッセージをソーシャルメディアに投稿。「母国のためにプレーした全ての試合が楽しかった」と述べた。

ラキティッチは2018年W杯でクロアチアの中心選手として活躍。クロアチアは決勝でフランスに2─4で敗れた。代表通算106試合に出場し、15得点を記録した。

同選手はこの夏、スペイン1部のバルセロナから古巣セビリアに復帰した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up