July 23, 2019 / 3:51 AM / 4 months ago

サッカー=性的暴行疑惑のロナルド、不起訴処分に

 サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスに所属するクリスティアノ・ロナルド選手(写真)は、2009年の性的暴行疑惑がかけられていたが、米ネバダ州ラスベガスの検察当局により不起訴処分となった。シンガポールで21日撮影(2019年 ロイター/Feline Lim)

[22日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスに所属するクリスティアノ・ロナルド選手は、2009年の性的暴行疑惑がかけられていたが、米ネバダ州ラスベガスの検察当局により不起訴処分となった。

ロナルド氏は2009年、ラスベガスのホテルで女性を暴行したのち、37万5000ドル(約4050万円)もの口止め料を払ったとし、2018年9月に女性から民事訴訟を起こされていた。

クラーク郡の検事事務所が22日に発表した声明によると、ある女性が2009年6月13日、性的暴行を受けたとラスベガス警察に通報。病院で検査を受けたが、誰に暴行されたかは明かさなかったという。

ロナルド氏は2010年に女性と和解していたものの、女性は2018年8月、警察に再捜査を要求。ロナルド氏から性的暴行を受けたと主張していた。しかしこのたび検察当局は「情報を精査した結果、ロナルド氏に対する性的暴行疑惑を証明することはできない」と結論づけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below