for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=クーマン新監督、スアレス残留は「ほかの選手と同じ扱い」

 サッカーのスペイン1部バルセロナのロナルド・クーマン監督(写真)は16日、2試合連続で親善試合のメンバーから外したルイス・スアレスについて、チームに残留するならほかの選手と同様に扱うと述べた。(2020年 ロイター/Albert Gea)

[バルセロナ 16日 ロイター] - サッカーのスペイン1部バルセロナのロナルド・クーマン監督は16日、2試合連続で親善試合のメンバーから外したルイス・スアレスについて、チームに残留するならほかの選手と同様に扱うと述べた。

バルセロナは16日にジローナと親善試合を行い勝利したが、スアレスはメンバー外だった。クラブとの契約を1年間残すスアレスに対し、クーマン監督は就任直後に戦力外を通告している。

イタリアの報道では、セリエAのユベントスへの移籍はまとまらず、新型コロナウイルスの影響による減収が多くのクラブに起こっているため、スアレスの給与を支払えるクラブはほとんどない。

クーマン監督はジローナ戦後、地元テレビ局に対し「私は彼に将来について話した。今は彼がクラブを去るかどうかの状況を見ているが、いまだにはっきりしていない」と述べた。

また、クーマン監督は「私たちはすべての契約を尊重する。彼がクラブを見つけられずに残留する場合、チームのほかの選手と同じように扱う」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up