for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=バルセロナが退場者出しドロー、監督も退席処分

 サッカーのスペイン1部は23日、各地で試合を行い、バルセロナは敵地でカディスと対戦し、退場者を出して0─0の引き分けに終わった。写真はフレンキー・デヨングの退場シーン(2021年 ロイター)

[カディス(スペイン) 23日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は23日、各地で試合を行い、バルセロナは敵地でカディスと対戦し、退場者を出して0─0の引き分けに終わった。

前半は互いにリズムを作れなかったが、後半に入ると両チームのGKがファインセーブを見せる白熱の展開に。バルセロナは主導権を握ろうとしたが、フレンキー・デヨングがわずか4分間にイエローカードを2回提示されて後半20分に退場となり勢いに乗れなかった。

後半アディショナルタイムには、セルヒオ・ブスケツがピッチに2つ出ていたボールの1つを相手選手に蹴ってイエローカードを出されて試合が中断。ロナルド・クーマン監督が抗議で退席処分になるなど後味の悪いゲームとなった。

試合後、クーマン監督は「私が第4審判に言ったのは、ピッチ上にボールが2つあるということだけだった。この国では何もなくても退場させられる。私は冷静に審判に尋ねたが、それはこちらの問題ではないので置いておこう」と語った。

バルセロナはこの引き分けにより5試合で勝ち点9となり、7位にとどまっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up