for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メッシは素晴らしいが「神ではない」、ローマ法王が区別呼びかけ

 4月1日、サッカーのスペイン1部、バルセロナのファンにとっては、同チームに所属するリオネル・メッシ選手(写真)は神のような存在かもしれないが、ローマ法王フランシスコは区別を求めている。写真はセビリアで3月撮影(2019年 ロイター/Marcelo del Pozo)

[バルセロナ 1日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナのファンにとっては、同チームに所属するリオネル・メッシ選手は神のような存在かもしれないが、ローマ法王フランシスコは区別を求めている。

メッシ選手は、ユニフォームの背番号10にちなんで、スペイン語で神を意味する言葉と同じ発音の「ディオス(D10S)」というニックネームを持つ。

スペインのテレビ局La Sextaとのインタビューで法王は、同じアルゼンチン出身のメッシ選手を称賛しながらも、神と呼ばれてはならないと指摘した。

法王は、「理論的には冒涜(ぼうとく)行為となる。やってはいけないことだ。人々は『あこがれている』と言うように(メッシ選手を)神と呼ぶのかもしれないが、崇拝対象となるのは神のみだ」と説明。「素晴らしい選手だが、神ではない」と述べた。

法王はサッカーファンとして知られ、ブエノスアイレスのチーム、サン・ロレンソのソシオのクラブ・メンバーでもある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up