February 10, 2020 / 12:04 AM / 14 days ago

サッカー=レアルとバルサが白星、マジョルカ久保は後半から出場

 サッカーのスペイン1部は9日、各地で試合を行い、首位レアル・マドリードは敵地でオサスナを4─1で下した。写真はゴールを祝うレアルの選手たち(2020年 ロイター/Vincent West)

[マドリード 9日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は9日、各地で試合を行い、首位レアル・マドリードは敵地でオサスナを4─1で下した。

レアルは前半14分に先制点を許したが、同33分にイスコのゴールで同点とすると、その5分後には主将セルヒオラモスが勝ち越し点をマーク。後半にはルーカス・バスケスとルカ・ヨビッチが追加点を挙げた。

2位バルセロナも敵地でのベティス戦を3─2で制した。前半にフレンキー・デヨングとセルヒオ・ブスケツ、後半にはクレマン・ラングレが、いずれもリオネル・メッシのアシストからゴールを決めた。レアルとの勝ち点差は3。

久保建英が所属するマジョルカは敵地でエスパニョールに0─1で敗れた。ベンチスタートの久保は後半20分からプレー。

そのほか、レアル・ソシエダはホームでビルバオに2─1、セルタはホームでセビリアに2─1でそれぞれ勝った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below