for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=バルサ、UNHCRとパートナー契約 新ユニにロゴ

 サッカーのスペイン1部、バルセロナは14日、国連難民高等弁務官事務所とパートナー契約を結び、新ユニホームにはこれまでの国連児童基金に代わって「UNHCR」のロゴが入ると発表した。バルセロナで2016年3月撮影(2022年 ロイター/Albert Gea)

[14日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナは14日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)とパートナー契約を結び、新ユニホームにはこれまでの国連児童基金(UNICEF)に代わって「UNHCR」のロゴが入ると発表した。

バルセロナは2006年にUNICEFとパートナー契約を結び、過去15年にわたりトップチームのユニホームには同基金のロゴが入っていた。

22─23年シーズンからは男女両方のトップチームのユニホームに、世界中で故郷を追われた1億人以上の人々との連帯のメッセージを込めた「UNHCR」のロゴが入る。

UNHCRとは4シーズンのパートナー契約で、バルセロナは毎シーズン40万ユーロ(約5600万円)をコロンビア、ウガンダ、トルコ、マレーシアでのUNHCRのプロジェクトに寄付する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up