May 21, 2018 / 12:10 AM / 3 months ago

サッカー=フェルナンドトレス、最終戦に2得点

[マドリード 20日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は20日、各地で最終節の試合を行い、アトレチコ・マドリードはホームで乾貴士所属のエイバルと2─2で引き分けた。今季限りでの退団が決まっている乾は右足の負傷で欠場した。

 5月20日、サッカーのスペイン1部、アトレチコ・マドリードはホームで乾貴士所属のエイバルと2─2で引き分けた。今季で退団のフェルナンドトレス(写真)が2得点を挙げた(2018年 ロイター/Juan Medina)

アトレチコは前半35分に先制点を許したが、ハーフタイム直前に今季いっぱいでの退団を発表しているフェルナンドトレスがネットを揺らし同点に。さらに後半15分、フェルナンドトレスの同クラブ129得点目となるゴールで1点リードとなったが、同25分に同点弾を許した。

アトレチコでのラストマッチに2得点で貢献したフェルナンドトレスは試合後、家族と一緒にピッチに立ち、お別れのスピーチを行った。

「このユニホームを400試合以上で着られたことを光栄に思う。これが最後なのは本当につらい」と胸の内を明かした。

「われわれはこれまで、なぜアトレチコを応援するのか、アトレチコは何が特別なのかをこれまで何度も問われてきたが、説明できるものではない。チャンピオンである誇りと幸せ、今日の気持ちを忘れないでほしい」と何度も声を詰まらせながら語った。

そのほか、すでに今季優勝の決まっているバルセロナはホームでレアル・ソシエダに1─0、エスパニョールはビルバオに1─0、バレンシアはデポルティボに2─1で、それぞれ勝った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below