September 25, 2019 / 1:03 AM / a month ago

サッカー=ジダン監督、レアルのケガ人続出「イライラしている」

 サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、チームで負傷者が続出していることにいらだちを見せている。スペインのセビリアで22日撮影(2019年 ロイター/Marcelo Del Pozo)

[バルセロナ 24日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、チームで負傷者が続出していることにいらだちを見せている。

レアルは今季すでにケガの問題が10回以上出ている。今夏リヨン(フランス)から加入したフェルランド・メンディは筋肉損傷で2回目の離脱となり、25日に行われるオサスナ戦を欠場する見込み。

ジダン監督は記者会見で「選手にケガをしてほしくないので、とてもイライラしている。だが、それもサッカーの一部。心配はしていない」とコメント。メンディについては「いいプレーをして楽しくやっていたので、再び離脱となってわたしも頭を抱えている。我慢して、回復させる必要がある」と語った。

一方、チームのサポート体制には問題がないとし、「フィットネススタッフは全員、選手にとって何が最善なのかを考えている。私は一緒に働く人々を信じている」と信頼感を示した。

レアルでは、マルコ・アセンシオがひざの負傷で長期離脱。ルカ・モドリッチ、イスコ、マルセロも故障で離脱している。ただ、ジダン監督はモドリッチ、イスコ、マルセロに関しては「彼らは良くなってきている。3人ともチームに合流するところまできているし、(オサスナ戦は)どうなるか見てみよう」と復帰間近と明かした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below