March 2, 2020 / 1:05 AM / 3 months ago

サッカー=クラシコ、レアルがバルセロナ下し首位奪還

 サッカーのスペイン1部、バルセロナとレアル・マドリードによる伝統の一戦「クラシコ」では、レアルが2─0で勝利を収め、首位に立った。写真は先制点を決めたレアルのビニシウス・ジュニオール(2020年 ロイター/Juan Medina)

[マドリード 1日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は1日、各地で試合を行い、バルセロナとレアル・マドリードによる伝統の一戦「クラシコ」では、レアルが2─0で勝利を収め、首位に立った。

スコアレスのまま迎えた後半26分、レアルはビニシウス・ジュニオールのゴールで先制すると、同アディショナルタイム2分には途中出場のマリアノ・ディアスがネットを揺らした。

勝ち点を56としたレアルは、バルセロナとの順位が入れ替わり1ポイント差で首位に立った。しかし、指揮官のジネディーヌ・ジダン監督は、報道陣に対し「攻守両面において、勝利に値するパフォーマンスだった」としつつも、「この勝利で何かが変わるわけではない。勝ち点3を手にしたが、より厳しい試合が待っているし、再び批判も受けることだろう」とも続けた。

久保建英がフル出場したマジョルカは、ホームでヘタフェに0─1で敗れた。ヘタフェは4位に浮上。

セビリアはホームでオサスナに3─2で勝利して3位に浮上し、敵地でのエスパニョール戦を1─1のドローで終えたアトレチコ・マドリードは、5位に後退した。ビルバオはホームでビリャレアルに1─0で勝利。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below