Reuters logo
サッカー=元仏代表テュラム氏、「NFLにならい差別反対を」
September 30, 2017 / 4:50 AM / 3 months ago

サッカー=元仏代表テュラム氏、「NFLにならい差別反対を」

[ストックホルム 29日 ロイター] - サッカーの元フランス代表で、ワールドカップ優勝経験のあるリリアン・テュラム氏(45)は29日、欧州のサッカー選手は米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の選手にならい、国歌斉唱時に膝をついて人種差別に反対する姿勢を示すべきとの考えを示した。

 9月29日、サッカーの元フランス代表で、ワールドカップ優勝経験のあるリリアン・テュラム氏(写真)は、欧州のサッカー選手はNFLの選手にならい、国歌斉唱時に膝をついて人種差別に反対する姿勢を示すべきとの考えを示した。パリで2010年1月撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

テュラム氏はロイターに対し、「サッカー選手が同じこと(片膝をつくこと)をしたら素晴らしいと思う」と発言。「黒人選手だけでなく、他の選手がそうする姿が見たい」と話した。

さらに「この抗議活動が米国の外にも広がり、肌の色に関係なく大勢の人がより良い社会を作るために彼らのあとに続くことを願っている」と希望を述べた。

NFLでは昨季のコリン・キャパニックをはじめ、複数の選手が国歌斉唱時に片膝をつき、米国内でのアフリカ系米国人に対する警官の対応に異議を唱えている。

NFLとは違い、欧州の主要リーグでは通常、試合前の国歌斉唱は行われておらず、代表戦でしか聞かれない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below