June 16, 2018 / 2:40 AM / 5 months ago

サッカー=W杯で導入のVAR、スペインのゴールに初適用

 6月15日、サッカーのW杯ロシア大会、1次リーグB組のポルトガル─スペイン戦で初めてVARが適用された。写真は同システムで検証された場面(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ソチ 15日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、15日に行われた1次リーグB組のポルトガル─スペイン戦でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が初めて適用された。

スペインが0─1で迎えた前半24分、ジエゴ・コスタがネットを揺らし同点かと思われたが、その直前にポルトガルのぺぺと衝突しており、これがファウルになるかどうかでVARの検証が行われた。判定の結果、主審はコスタのゴールを認めた。

今大会から導入されたVARは、試合において主審や副審らが見逃した事態をビデオにより確認する仕組みで、今季はドイツ1部・ブンデスリーガ、イタリア・セリエAで使用。イングランド協会カップ(FA杯)とイングランド・リーグカップの試合でも試験的に導入された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below