Reuters logo
W杯=ザッケローニ監督が辞任表明、「責任はすべて私に」
2014年6月25日 / 21:41 / 3年前

W杯=ザッケローニ監督が辞任表明、「責任はすべて私に」

[25日 ロイター] - サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグで敗退した日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は25日、ベースキャンプ地のイトゥで記者会見を行い、辞任の意志を表明した。

 6月25日、サッカーの2014年W杯ブラジル大会の1次リーグで敗退した日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(右)は辞任の意志を表明した。クイアバで24日撮影(2014年 ロイター/Eric Gaillard)

日本は1次リーグC組で1分け2敗の勝ち点1で最下位の成績だった。

ザッケローニ監督は会見で、「今回のメンバーは私が選び、戦術も私が決めた。責任は全て私にある」と述べた。

この日選手と関係者の全員で昼食をとり、監督は「もしもう一回チャンスをもらったとしても、同じ選手とスタッフを選ぶだろう」と感謝を伝えたという。

日本代表は来年1月に行われるアジア・カップで連覇を目指し、再スタートを切ることになる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below