for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=メッシ、ペレ氏抜き南米最多得点 W杯予選でハット

 サッカーのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(写真)は9日、2022年W杯南米予選で3得点を決め、代表通算79得点で元ブラジル代表ペレ氏の持っていた南米最多得点記録を更新した。代表撮影(2021年 ロイター)

[9日 ロイター] - サッカーのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは9日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会南米予選のボリビア戦で3得点を決め、代表通算79得点で元ブラジル代表ペレ氏の持っていた南米最多得点記録を更新した。

代表戦で7回目のハットトリックを決めたメッシはペレ氏の通算77得点を上回り、「長い間この時を待っていた。目標だったし、夢見ていた。このような形で実現できて唯一無二の瞬間だ」と喜んだ。試合はアルゼンチンが3─0で勝利した。

この試合は、ホームのアルゼンチンサポーターが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降で初めてスタジアムで観戦した一戦となった。

メッシは2万1000人の観衆に7月に行われた南米選手権の優勝トロフィーを掲げて涙を流し、「この場にいること以上に素晴らしいお祝いはない。母や兄弟も見に来ている。非常に幸せだ」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up