July 2, 2018 / 1:03 AM / 3 months ago

サッカー=ロシアがPK戦で勝利、スペインはW杯奪還ならず

[モスクワ 1日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、各地で決勝トーナメント1回戦の試合を行い、開催国ロシアが2010年大会王者スペインとのPK戦を4─3で制し、ベスト8進出を決めた。

 7月1日、サッカーのW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦、開催国ロシアが2010年大会王者スペインとのPK戦を4─3で制し、ベスト8進出を決めた。写真は勝利を祝うロシアの選手たち(2018年 ロイター/Carl Recine)

ロシアは前半12分にオウンゴールで先制を許すも、同41分にジェラール・ピケのハンドで得たPKを沈めて同点に追いついた。後半もスコアは動かず延長戦にもつれ込んだが決着がつかず試合はPK戦に突入した。

両チーム順当に成功させて2─2で迎えたスペイン3人目、コケのシュートをロシアGKイゴール・アキンフェエフがセーブ。その後3─3に並んだが、スペイン5人目のイアゴ・アスパスのシュートを再びアキンフェエフがセーブし、ロシアがPK戦を制した。

PKの2セーブでロシアに勝利をもたらしたアキンフェエフは、「後半は全員で守備に徹して、PK戦になることを望んでいた。その通りになって、本当によかった」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below