June 14, 2018 / 2:41 AM / 5 months ago

サッカー=エジプト、サラーの回復に監督とファンが期待

 6月13日、サッカーのエジプト代表、エクトル・クーペル監督は、W杯ロシア大会初戦のウルグアイ戦に向けてFWモハメド・サラー(写真)が回復しているかどうかの判断を前日の14日まで先送りした。カイロで9日撮影(2018年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[カイロ/エカテリンブルク 13日 ロイター] - サッカーのエジプト代表、エクトル・クーペル監督は、15日のワールドカップ(W杯)ロシア大会初戦のウルグアイ戦に向けてFWモハメド・サラーが回復しているかどうかの判断を、前日の14日まで先送りした。

クーペル監督は自身のフェイスブックでサラーについて、「試合に出る可能性は大きいと思う」とコメント。ボールを使った練習をしており、状態は直前の数日間よりも良くなっていると明かした。

代表チームのマネジャーはロイターの電話取材に対し、「メディカルスタッフが明日(14日)に総合的な報告を行うことになっており、監督は判断を急がない」と述べた。

サラーは先月の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝にイングランド・プレミアリーグのリバプールの一員として出場したが、試合中に左肩の靭帯を負傷した。エジプトのファンは、28年ぶりに出場するW杯が今季クラブで44ゴールを決めたスターの負傷により台無しになることを心配している。

エジプトを応援するためにシドニーからロシアのエカテリンブルクを訪れたファンは、「彼を失ってリバプールは崩壊した。エジプト代表は多くを彼に依存しているし、また負傷してしまったら終わりだ」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below