July 5, 2018 / 12:35 AM / 3 months ago

サッカー=堅守のウルグアイ、フランスも止められるか

[ニジニ・ノブゴロド(ロシア) 4日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会準々決勝で対戦するウルグアイとフランスの一戦は、堅守と攻撃力の勝負とみられている。

 7月4日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝で対戦するウルグアイとフランスの一戦は、堅守と攻撃力の勝負とみられている。写真中央はフランスのキリアン・エムバペ。ロシアのカザニで6月撮影(2018年 ロイター/John Sibley)

ウルグアイは決勝トーナメント1回戦でクリスティアノ・ロナルド擁するポルトガルに勝利。大会4試合でその1失点のみと、ブラジルと並んで最少を守っている。

一方のフランスは、アルゼンチンを相手に4ゴールを挙げた。特に1958年W杯でのペレ(訂正)以来となる10代で2得点を挙げたキリアン・エムバペは、70メートルを突破したドリブルで世界を驚かせた。

フランスはエムバペ、アントワーヌ・グリーズマン、オリビエ・ジルーの攻撃的なトリオがアルゼンチン戦のような活躍をすることが期待されている。

ウルグアイのディエゴ・ラクサールは、「スペースを消してプレーをさせず、ストライカーたちが嫌がる状況を作りたい。それがわれわれの武器だ」と述べた。

この試合の勝者は、準決勝でブラジル対ベルギーの勝者と対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below